工事現場に必要不可欠な足場【足場レンタルで安心安全WORKを】

意味と種類について

金網の意味と種類の多さ

金網とは、言葉の意味としては、金属の線材を織り込んで網状にしたものです。金網の単位については、メッシュをいう言葉があるが、メッシュとは1インチに網目がいくつあるかを表した単位です。 種類については、用途によってさまざまなものがあります。織金網、亀甲金網、クリンプ、タフクーリン、パンチングメタル、ウェッジワイヤースクリーンと呼ばれるものなどのさまざまな種類が存在しています。一般的な金網は織金網と呼ばれている種類です。 金網の歴史について、日本ではもともと魚やもちを焼く道具として開発されました。その当時は魚を焼くための網ともちを焼くための網は区別され、焼くものの種類によってさまざまな種類に分けられていました。

パンチングメタルとウェッジワイヤースクリーンの製作法

パンチングメタルとは、打ち抜き加工を行い製造された金属板の事です。パンチングメタルの種類は材質、厚さ、寸法、孔の種類や数にて決められており、用途に応じた発注を行うことが出来ます。 また、ウェッジワイヤースクリーンとは、別名溶接金網と呼ばれています。つまり、普通鉄線を使用し縦横に直角に入れ、その交点を電気抵抗溶接法を用いて製造されています。メリットとしては電気抵抗溶接を行うため目崩れの心配がありません。規格についてはJISにて規定されているため材質、網目、長さなどの品質が保証されています。網目寸法は、隣接した縦線もしくは横線の中心から中心までのピッチ寸法で表されます。また材質については、ステンレスと鉄が主な材料となっています。